先輩の声

先輩の声

先輩の声 竹内さん 利用者さんからありがとうにやりがいを感じつつ先輩の背中を追いかける日々

  • 今の職場の自慢、すきなところを教えてください。

    みなさん優しいところ

  • 働く上でのポリシー、気を付けていることを教えてください。

    ルールを守る

  • 高佳会を一言で表すと?

    地域に貢献

大学で学んだ知識が活かせることを知った

わたしは大学在学中からアルバイトとして働いており、大学卒業後に新卒として入社したので、トータルでいうと働き出して1年ほどになります。

大学進学当時は介護の職につこうとは思っていなかったのですが、学部が経営学部の健康マネジメントコースだったので、リスクマネジメントの視点などは今の仕事につながっていますね。

スポーツは高校までサッカーをやっていたものの、高校で燃え尽きたので、大学ではバスケのサークルに入っていました。こう振り返ってみると、元から体を動かすのは好きですし、医療分野にも興味があったので、今の仕事には向いていると思います。

「ありがとう」と言ってもらえるのが何よりの喜び

今は介護付き有料老人ホームとデイサービスが併設された「アネックス」という施設で介護職として働かせてもらっています。

このグループは様々な施設を一通り回らせてもらえるのですが、わたしはまだ新卒1年目なのでそういった配置異動の経験はありません。ここの利用者さんの人数は、デイサービスの方を入れるとちょっとわかりませんが、約20人ほどでしょうか。

今後、ニーズが増える介護の仕事(事務)に興味を持ったため。1日の流れとしては、挨拶から始まり、体調管理や日常生活の介護をメインでおこなっています。また、介護は全員で行うものの、利用者さんごとに個別で「担当者」が割り振られており、わたしは今1人の利用者さんを担当させてもらっています。

1年間、ここで働いてきて感じるやりがいは、やはり利用者さんから感謝してもらえた瞬間です。認知症が進んでいる方もいますが、そういった方も「ありがとう」と言ってくださるので、そのときは「やっていてよかったな…」とやりがいを感じます。

「目標」にできる先輩が周りにいる、恵まれた環境

「将来的にこうなりたい!」といった明確なビジョンはありませんが、周りに尊敬できる先輩方がたくさんいるのは、とても恵まれた環境だと感じています。

利用者さんとの関わりひとつとっても、わたしがレクなどに誘いに行くと「嫌だ」と断られるのに、先輩が行くとすんなり納得、スムーズに参加してもらうこともしばしばで…(苦笑)。まだまだ信頼関係が築けていないんでしょうね。

特にリーダーの方の利用者さんに対する関わり方はとても参考になるので、これからどんどん吸収していきたいと思います。また、ゆくゆくは大学で学んだ経営を活かせるようなポジションにつければな、というのが大きな夢です。

学生へのメッセージ

この仕事は、利用者さんと直接触れ合えるとてもやりがいのある仕事です。目標にできる先輩もたくさんいる楽しい現場ですので、ぜひ一緒に働いてみませんか。