先輩の声

先輩の声

先輩の声 古田さん 自分の趣味や知識を活かし生活のお手伝いをしていきたい	sssssssss

  • 今の職場の自慢、すきなところを教えてください。

    美味いご飯が食べられる

  • 働く上でのポリシー、気を付けていることを教えてください。

    体調管理

  • 高佳会を一言で表すと?

    新しい世界との出会い

高齢者施設のイメージがガラリと変わった、就活中の施設見学

わたしは現在介護職をしており、新卒でここに入社したので1年目です。大学は栄養士系の学部だったのですが、今は月に1回グループ内の給食会議に出るくらいで、栄養士としては働いていません。グループホームで働くときは利用者さんと一緒に食事をつくることはありますが、栄養士としてではなく介護職員として関わっています。

介護の道を目指そうとしたのは、地元で働こうと就職活動をしているときに、新卒応援ハローワークでここのグループが紹介されていたからです。その後、施設見学をさせていただいたのですが、施設はすごくオシャレで雰囲気がよく、それまでの高齢者施設のイメージがガラリと変わりました。

また、わたしは体調を崩して大学を留年していたのですが、そのことを統括施設長に打ち明けると親身に話を聞いてくださり、「なんでも相談してくださいね」と言ってもらえました。そのことが本当に嬉しく、今でも印象に残っています。そうしたことがあり「ここで働きたい」と思い入社しました。

介護は自分の知識や経験が現場で活かせる楽しい仕事

今働いているのはグループホームで、3回のうちの1回の食事を一緒につくったり、利用者さんにお茶やコーヒーを出したり、トレイへ誘導したり、歌を歌ったり、カルタをやったりとさまざまな関わりをさせていただいてます。何ヶ月かに1回、行事の担当が回ってくるのですが、そのときは全員で外出をすることもあります。

最近は月に6回夜勤に入らせてもらっていますが、他のスタッフの方に比べるとまだまだ少ないほうです。夜勤はきついイメージがあり最初は正直嫌だったんですが、いざ入ってみると日勤と違い利用者さんはほぼ寝ており、起きている利用者さんとゆっくり話ができるのでどんどん好きになりました。もちろん、グループホームは自立度の高い利用者さんが多い傾向にある一方、自立度が高いからこそ起こりやすい転倒などの事故には十分気をつけています。

また、この仕事は自分がこれまで培ってきた知識や経験、趣味が活かせるのも大きな魅力です。例えば、わたしは栄養士の大学に通っていたので、栄養士として働いてはいないものの、料理や栄養に関する知識が献立づくりに活かせます。

他にも、趣味でフラダンスを習っているのですが、管理者の方から「ダンスのレクリエーションも話をしてくれたら歓迎するよ」と言ってくもらえることもありました。こんな風に、自分がそれまで好きでやってきたことが仕事の中で活かせるので、働いていて本当に楽しいですね。

まずは、一人前の介護士になることが目標

これからどんな介護士になって行きたいか、正直まだあまり想像がつきません。今は仕事を覚えるのが大変で、そこまで考えられないというか…。ただ、自分は何でも人に聞いてしまいうので、テキパキ仕事をしている他のスタッフの方々の仕事を増やしてしまっている気はします。

さらに、利用者さんと直接触れあう仕事なので、きついことも言われることあります。ただ、みなさん根は優しい人ばかりなのでそこは気になりません。そう考えると、他のスタッフの方々の仕事を増やさないように、まずはテキパキと一人前に動けるようになるのが目標ですかね

学生へのメッセージ

これはわたしが就活中、実際に言われた言葉なんですが、「自分に合った職場は必ずある」ということを伝えたいです。わたし自身、就活中に10社以上落ちた経験がありますが、ここの職場は自分に合っていると思いますし、ここに就職してよかったと感じています。

そもそも、就活活動って、就活生側が就職先を吟味するという側面もあるので、下手にその企業に合わせる必要はないのかな、と。この仕事は会社勤めとは少し違います。自分の趣味や知識が活かした「利用者さんの生活のお手伝い」に興味のある方は、ぜひ応募してみてくださいね。